2015/10/29

藤本由紀夫 丹羽康博「台本は書かれた」





丹羽康博 制作ノートより






藤本由紀夫 丹羽康博 「台本は書かれた」

2015年11月7日(土)~12月12日(土)
12:00- 18:30
【ただし11月28日はfrontでのイベント開催のため、11:00から15:00まで】
日月・祝日 休廊

アーティスト・トーク:
11月7日(土) 18:00~
作家ふたりが、展覧会について語ります。予約不要ですので、お気軽にご参加ください。





ギャラリーキャプションでは、11月7日より12月12日まで『藤本由紀夫 丹羽康博 「台本は書かれた」 』を開催いたします。本展は、音を視覚的に表現したサウンド・オブジェや、見ること、聞くことを通じて音とは何かを問いつづける藤本由紀夫(ふじもとゆきお/1950年名古屋生まれ)と、「詩としての行為」として、集積された行為の痕跡を、詩的なふるまいへと高めながら、自然と自らとの関係性を確かめようとする丹羽康博(にわやすひろ/1983年岐阜県生まれ)のふたりが、それぞれの作品を持ち寄って行われる、普段からの制作の延長線上にある「2人展」とは異なるところを目指そうとするものです。

この企画は、ギャラリーから個展の打診を受けた藤本の「自分の個展ではなくだれかとふたりでなにかをしたい」という提案からはじまりました。

藤本は近年「phono/graph-音、文字、グラフィック」展(2011年大阪のdddギャラリーをきっかけに、以降、ドイツ、名古屋、京都、東京、神戸で展開)のように、美術作家やデザイナーを中心としたジャンルの異なるクリエイターたちとともに、ひとつの展覧会を作り上げることを行ってきました。お互いがまじりあい、刺激を受けることで、自分ひとりのアイデアでは思いつかないような展開が生まれることが面白いのだと藤本は言います。人の手や視点を借りながら、すでにあるものの枠組みをずらし、組み替える、藤本のコンセプトのひとつである「separation-conjunction」(分離と結合)を思わせる制作手法が、展覧会そのものに持ち込まれているとも言えるでしょう。

そんな、お互いの作品の枠組みを越えたところで、何が生まれるのかを試みたい、という藤本からの提案の「だれか」としてギャラリーは、3分間の呼吸をガラス瓶に閉じ込めた「Three minutes breathing」や、立木から落ちてくる葉を手で受けとめた「I caught falling-leaf.」のように、自身の行為とそれにともなう詩的なリズムをかたちに宿そうとする丹羽康博をあげました。
 
今年に入り、お互いの「いま興味のあること」から対話をかさね、展示への足がかりを探るなかで、丹羽から「身体性」「体をつかう」というキーワードが出されました。身体をつかっての表現には、動きがともない、リズムが生まれる。そこからイメージは「演劇」へと派生していき、丹羽が「台本」をしたためることになりました。
 
「台本」と「演じること」。これは一見するところ美術とはかけ離れた展開のようにも思われます。しかしながら藤本が発表の場を主に美術館やギャラリーにおきながら、美術家ではなく音楽家としてのスタンスを保ちつづけていること、一方で丹羽が行為の集積をかたちにしようと試みていることからすれば、自然な成り立ちであったのかもしれません。

音楽の世界では、ある作家が作曲した音楽、楽譜を、演奏者たちがさまざまな解釈のもと演奏することが、各々の表現とされています。そこには作曲者と演奏者の対話と共演があり、ひとつの楽譜のもとに無限の解釈が許容されています。そして興味深いことに、演奏することも演じることも英語では「play」と表現されます。演劇のための台本は、音楽で言うところの楽譜ととらえることができるでしょう。
 
そしてふたりは、丹羽が用意した461のセンテンスから成る「台本」から、各自9つを選び出すことにしました。打ち合わせられているのはここまで。それぞれの9つの台本をどう解釈するのかはもとより、相手が選んだ9つの台本の内容すら、お互いに知らされていません。ちなみに先述の「play」とは遊ぶことでもあります。丹羽が用意した台本をもとに、作家ふたりは展示の場において、演じ、演奏し、遊ぶ、あらゆるplayの可能性を模索し、示してくれることでしょう。

会期中には是非ご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。

2015/10/16

「超少女まぶさび宇宙-竹中美幸: 寺田就子」明日最終日です。





篠原資明企画 「超少女まぶさび宇宙-竹中美幸: 寺田就子」(展示風景)




篠原資明企画「超少女まぶさび宇宙-竹中美幸: 寺田就子」展、明日10月17日が最終日です。
作家ふたりも在廊いたしますので、是非お出かけください。


尚、セカンド・スペースのfrontでは、木藤純子のお茶会を開催いたします。
お席がご用意できる時間帯もございますので、frontまで直接お電話でお問合せ下さい。

front 058-263-7161




2015/10/09

memo: 9 October, 2015



 




「透明素材が生み出す独特の奥行き感を、ぼくは「重奏する奥行」と呼んだことがある。
向こう側に透けて見える部分と手前側に映る部分とが、重なりあいながら微妙に変化しつづけるさまを、音楽にたとえて、そう呼んだわけだけど、シューコ・ワールドにはそのエッセンスのようなものがあるんだな。そして、この重奏は、幾重にも広がっていくようだ。作品と周囲環境との重奏、聴覚と視覚との重奏、作品と自然との重奏などにね。
(中略)
シューコ・ワールドのひとつひとつの作品は、サイズ的には小さいかもしれないけれど、それが重奏させるものは、まさにきわめて大きいといえるだろうね。」

(「現代作家紹介」シューコ・ワールドをめぐるカッコ氏との対話: 篠原資明/美術フォーラム21 第28号 2013年発行)




遠近法といえば、まず透視遠近法のことが思い出されるが、
赤よりも青の方が奥まってみえるように、色によって遠近の差が表れる色の遠近法や、
油絵などでは、絵具の起伏、厚みによって遠近を表す方法もある。
そして、透明素材や反射反映素材の登場により、映り込みによる遠近感も生まれた。
それを"重奏する奥行"と呼んでいて、それは見る人の立ち位置、角度によって、少しのことで変化する。「まぶさび素材」は変化する。

(10月3日「鼎談: 超少女たちとまぶさび宇宙」/メモより、篠原氏の言葉。実際のお話の内容とは、異なる箇所があります。ご了承ください。)




2015/10/08

「鼎談: 超少女たちとまぶさび宇宙」





「鼎談: 超少女たちとまぶさび宇宙」
寺田就子(出品作家)、篠原資明(企画者/京都大学大学院教授)、竹中美幸(出品作家)
2015年10月3日16:00~ GALLERY CAPTION



たくさんの方々にお集まりいただきました。
ありがとうございました。


2015/10/06

中日新聞 夕刊 10月5日



10月5日(月)付の中日新聞にて「超少女まぶさび宇宙」が紹介されました。




中日新聞 夕刊 2015年10月5日(月)
*画像をクリックすると大きくなります。



2015/10/02

「鼎談:超少女たちとまぶさび宇宙」

 
 
 
 





明日10月3日(土)16:00から、企画者の篠原資明氏、出品作家の竹中美幸と寺田就子ら
3人による、トーク・イベントを開催いたします。

展覧会タイトルにもなっている「超少女」と「まぶさび」について篠原氏よりお話を伺うとともに、
作家からは出品作品や、今回の2人展についての思うところを語っていただく予定です。
会場の構成上、お席の数が限られますので、立ち見をお願いすることがあるかもしれませんが、
予約不要ですので、お気軽にご参加ください。



鼎談: 超少女たちとまぶさび宇宙-篠原資明 竹中美幸 寺田就子
2015年10月3日(土)  16:00~18:00(予定)  予約不要


2015/10/01

岐阜新聞 9月26日





岐阜新聞 2015年9月26日(土)/岐阜新聞 生活文化部 箕浦由美子
*画像をクリックすると大きくなります




現在開催中の「超少女まぶさび宇宙」に参加している竹中美幸が、9月26日(土)付の岐阜新聞にて紹介されました。




(映画用の35ミリ)フィルムは感光させると、闇の部分は透明に、黄色い部分は青色にと補色関係で発色する。光を当てる時間や距離によって表情は変わる。七色に揺らめくフィルムは、それ自体美しいが、層状に配置することで思ってもみない効果が表れた。

『(暗室の)闇の中でみた光を重ねれば重ねるほど、もやっと闇のようなものが出てくる。見えないもの、消えてしまいそうなものを空間として表現しようと思った』

(記事より抜粋/『 』内の言葉は竹中)